思い出になる結婚指輪を|二人で手作りしよう

男女

賢い購入方法

指輪

しっかりと相談する

結婚指輪を買う際に、すでに長い付き合いだからパートナーのことはわかっているとばかりに、どちらか一方が名古屋のお店で勝手に選んでしまう場合があります。ですが、女性では男性の好みがわかりませんし、当然その逆も同様なので、結婚指輪が欲しいのであれば、名古屋のお店には二人で行くようにしておきたいものです。それが叶わないのであれば、できるだけ明確にどのようなものが良いかを伝えておきましょう。ところが、よく男性などにありがちなのが、結婚指輪にはあまり興味がないため、何でも良いなどと言うことです。それなのにいざ名古屋にある宝石店で購入してきた結婚指輪が気に入らず、身につけてもらえないということがあります。そのような事態を避けるためにも、手を見て、手の形にあった指輪を選択すると良いです。

似合うもの

指が太いのであれば、細身の結婚指輪の方が良いと考えてしまう人もいるのですが、実はそれは逆であることが多いです。名古屋のお店で一度試着してみるとよくわかるのですが、結婚指輪が指に埋もれてしまったり、そうでなくても何だか糸くずがへばりついたような状態になってしまい、手のたくましさが際立ってしまう結果となります。反面、リングの部分がごついものにしておくことで、結婚指輪の方に目が行き、手をぼやかすことが可能となるわけです。奥さんの手が小さいならリングが華奢な結婚指輪を選び、旦那さんの手が大きいなら太めのリングにするなど、必ずしもお揃いにするのではなく、それぞれに似合うものを買っておけば失敗は少ないです。